Bootstrap

#Query Builder

Version 6.0.87

Query Builder 修正 – 出力サブクエリを参照モードに設定すると、フィルターが出力値 {%TargetCode} ではなく<ALL> に設定されているため、最初の行のクエリ結果が正しく表示されません。サブクエリが作成後に編集された場合、サブクエリは自動的に修正されます。この問題は現在修正されています。 (かなり稀なケースです) Form Designer [...続きを読む]

Version 6.0.79

Query Builder 新規 – データを出力メニューに書き戻す。一般的な概念は、Web チャネル テーブル グリッド レポートにデータを入力し、Writeback を使用してシステムに書き戻すことができる列を持たせることです。この例としては、実績が勘定科目および期間ごとに表示され、次の会計年度の予算を入力できる従来の予算入力が挙げられます。別の例としては、ステータスとコメントを更新[...続きを読む]

Version 6.0.73

Query Builder 修正 – カスケード クエリではサブクエリが許可されませんでした。 修正 – プロンプト セクションが使用されていない場合、Web チャネルではカスケード クエリが機能しませんでした。 修正 – 基本の親クエリにサブクエリ出力があるカスケード クエリはフロースルーされませんでした。

Version 6.0.18

Scheduler 修正 – リモート接続では、ライトバックのあるタスクに関連して、「XML シリアル化中に md.Types.Scheduler.TaskWritebackMapItem は予期されません」というエラーが発生します。このエラーは、リモート接続経由でクライアント上でタスクを手動で実行する場合にのみ発生しました。 修正 – [セキュリティ] タブおよび [ユーザー ア[...続きを読む]

Version 6.0.6

Publisher 修正 – スプレッドシートは再計算時に待機アニメーションを表示し、JavaScript エラーが原因で終了しませんでした。 修正 – 非アプリケーション ライセンス (古いライセンス) では、ライセンスが付与されている場合でも、スプレッドシートがデモ モード ウィンドウに表示されます。 Query Builder 修正 – クエリが変更されていな[...続きを読む]

Version 6.0.4

サイトセットアップ 追加 – サイトセットアップは、監査目的ですべてのユーザーのサインインとライセンスの使用状況を記録します。これにより、長年にわたってシステムが遅くなり、アプリケーション サーバー上のディスク領域がより多く消費される可能性があります。履歴データはサイト設定で手動でクリアできますが、これに加えて、監査目的で保持したい月数に基づいて自動クリアできるようになりました。 特に指[...続きを読む]

Version 5.8.10

クエリービルダー 追加 – 既存の Sum、Count、Average に加えて、Min と Max の合計行オプションを出力します。 パブリッシャー 修正 – ページ デザイナーのフィルターは、フィルター値の後に文字「S」が続く大きな数値の場合、エラーを発生させます。 100000S。これは、ライブラリが 32000 までの数値のみを処理できる short とし[...続きを読む]

Version 5.6.72

クエリービルダー 追加 – UFT-8、ANSI、Unicode、Shift-JIS などをサポートする CSV およびカスタム データセットのエンコード オプション 新規 – カスケードクエリ。これらにより、マテリアライズド クエリを作成することなく、メイン クエリを別のクエリのデータ セットとして使用したり、他の方法でクエリを超えたクエリを使用したりできるようになります。こ[...続きを読む]

Version 5.6.52

クエリービルダー 追加 – 選択ツリーの右クリック メニュー [テーブル コードを非表示] を使用して、サブテーブルへの結合のテーブル コードを表示または非表示にします。

Version 5.6.20

クエリービルダー 追加 – 選択ツリーの右クリック メニュー [テーブル コードを非表示] を使用して、サブテーブルへの結合のテーブル コードを表示または非表示にします。場合によっては、テーブル コードが非常に長く、ユーザーにとってわかりにくい場合があります。これらはデータモデルでデフォルトで非表示にすることも、ユーザーがクエリ ビルダーで好みを設定することもできます。テーブル コードが[...続きを読む]

Version 5.6.18

Query Builder 追加 – 出力サブクエリを条件付きで実行して実行パフォーマンスを向上させる「サブクエリ抑制」というフィルター オプション。高度なレポートでは、出力サブクエリは、特定の基準が満たされた場合にのみ実行する必要がある場合があります。 「サブクエリー抑制」フィルターオプションは、「その他」の下の「フィルター」右クリックメニューで出力サブクエリーを定義する場合にのみ表示[...続きを読む]

Version 5.4.52

フォームデザイナー 追加 – ワークフローのラベルをカスタマイズできるようにします。 クエリービルダー 修正 – 保存時に [形式] タブがアクティブでない場合、フィルター期間のカスタム形式が編集時に消えます。 修正 – [新しいタブで開く] または [自己] オプションを使用すると、アイコンへのドリルが表示されませんでした。 Excel 追[...続きを読む]

Version 5.4.46

クエリービルダー 追加 – 選択ツリーを右クリックして「省略説明」と呼ばれるメニュー モード スイッチを使用すると、フィールドの出力およびフィルタリング時にフィールド説明のテーブル プレフィックスを削除できます。たとえば、Teams テーブルの下にフィールドを出力する場合、フィールドには既定で \Teams\Email という説明が含まれますが、モードが ON の場合、説明は単に Ema[...続きを読む]

Version 5.4.40

クエリービルダー 修正 – B3:E9999 は問題ありませんが、B3 などの単一セル オフセットが入力されると、システム Excel テーブルでデータセットの最後の数行が失われます。欠落している行の数は、開始行オフセットから 1 を引いた値と一致します。 スタジオ 修正 – テーブルのライトバック プロパティ「ライトバック URL パラメータ」が機能せず、入力した値が失[...続きを読む]

Version 5.4.36

クエリービルダー 追加 – 期間 フィルタリングと出力期間の両方の書式設定オプション。以前の期間では、常に年と期間番号を使用して書式設定されていました (例: 2022/009)。 1 年に 12 期間があると仮定して、月名を使用できるようになりました。会計年度開始を指定して、期間 1 を正しい月にマッピングすることもできます。たとえば、英国は 4 月開始なので、2022/001 は 2[...続きを読む]

Version 5.4.24

Query Builder Add – Filter option to return the description when filter on Value Lists instead of the code.  This is helpful when the code is not descriptive enough for the user or when displ[...続きを読む]

Version 5.4.22

Query Builder Fix – Company/Business level filters that reference filter mapping #[….] in Excel would raise a error when creating or editing Drill downs or Unions.

Version 5.4.18

Query Builder Add – Lookups are generally by default limited to 1000 rows but this can now be overridden by using the Change row limit checkbox.  Note the Change row limit will only show when[...続きを読む]

Version 5.4.10

Publisher Fix – Improved refresh list performanceAdd – Addition references tags to get Product attributes like Description, Author and Version e.g. {*Product.Description.<productCode>} or {*[...続きを読む]

Version 5.4.6

Site Setup Fix – License Check did not work on Remote Connections Studio Add – Schema – Import Value Lists Security Roles Fix – When Creating new Security Roles the initial field detai[...続きを読む]