Bootstrap

#Studio

Version 6.0.90

Publisher 修正 – 日本語などのアジア言語を含む PDF に保存すると、スプレッドシートのフォントが正しく表示されませんでした。この修正により、完全な Unicode セットをサポートするため、フォント Malgun Gothic が PDF に埋め込まれるようになりました。 修正 – [メニュー レポートの作成] では、選択したテーマが必ずしも適用されませんでした。[...続きを読む]

Version 6.0.34

Studio 修正 – データベース スキーマ インポートでは、テーブルによっては Int32 オーバーフロー エラーが発生することがありました。この問題は、テーブル名またはフィールド名に大きな数字が含まれている場合に発生しました。例えば。 syncobj_X 3031413042364236 修正 – データベース スキーマ インポートでは、timestamp 列と rowv[...続きを読む]

Version 5.6.72

クエリービルダー 追加 – UFT-8、ANSI、Unicode、Shift-JIS などをサポートする CSV およびカスタム データセットのエンコード オプション 新規 – カスケードクエリ。これらにより、マテリアライズド クエリを作成することなく、メイン クエリを別のクエリのデータ セットとして使用したり、他の方法でクエリを超えたクエリを使用したりできるようになります。こ[...続きを読む]
タグ: ,

Version 5.6.54

スタジオ 追加 – CSV ファイルを処理して SQL スクリプトを作成し、テーブルを作成し、データを挿入します。データ型は自動検出することも、ルール リストに基づいてヘッダーまたはウィンドウで指定することもできます。その考え方は、SQL ファイルを使用してデータを含むデータベースを作成し、レポート用のデータモデルを作成できるようにするというものです。これは、アーカイブ上の理由からデータ[...続きを読む]

Version 5.6.20

クエリービルダー 追加 – 選択ツリーの右クリック メニュー [テーブル コードを非表示] を使用して、サブテーブルへの結合のテーブル コードを表示または非表示にします。場合によっては、テーブル コードが非常に長く、ユーザーにとってわかりにくい場合があります。これらはデータモデルでデフォルトで非表示にすることも、ユーザーがクエリ ビルダーで好みを設定することもできます。テーブル コードが[...続きを読む]

Version 5.6.18

Query Builder 追加 – 出力サブクエリを条件付きで実行して実行パフォーマンスを向上させる「サブクエリ抑制」というフィルター オプション。高度なレポートでは、出力サブクエリは、特定の基準が満たされた場合にのみ実行する必要がある場合があります。 「サブクエリー抑制」フィルターオプションは、「その他」の下の「フィルター」右クリックメニューで出力サブクエリーを定義する場合にのみ表示[...続きを読む]

Version 5.6.14

Webチャネル 修正 – ライセンスが非常に制限されており、システム データモデル カスタム データセットを使用するレポートがある場合、Web チャネルにライセンスなしが表示されます。 スタジオ 修正 – API データモデルは、ログ テーブルなどに見られるような一意の列を持たないテーブルの概念をサポートするようになりました。 クライアントセットアップ 変[...続きを読む]

Version 5.6.6

スケジューラー 追加 – ライトバック タスクには、自動列マッピングを処理する際のエラー処理をより適切に制御するための追加設定が追加されました。 「エラーを無視」という新しいオプションが 1 つ追加され、ターゲット テーブル列で一致が見つからないソース列が、そのテーブルのライトバック デフォルト値を使用するだけで、エラーを発生させないようにすることができます。これは、時間の経過とともに新[...続きを読む]

Version 5.5.26

スタジオ 修正 – 拡張データモデルの Swagger および Open API インポートでオブジェクト エラーが発生しました。 追加 – URL リンクであるテーブル フィールドにサービス ルート アドレスへの参照タグを含めることを許可します。{_System.Rest.URL} スケジューラー 修正 – 一部の Windows 環境では、PowerShell [...続きを読む]

Version 5.4.40

クエリービルダー 修正 – B3:E9999 は問題ありませんが、B3 などの単一セル オフセットが入力されると、システム Excel テーブルでデータセットの最後の数行が失われます。欠落している行の数は、開始行オフセットから 1 を引いた値と一致します。 スタジオ 修正 – テーブルのライトバック プロパティ「ライトバック URL パラメータ」が機能せず、入力した値が失[...続きを読む]

Version 5.4.36

クエリービルダー 追加 – 期間 フィルタリングと出力期間の両方の書式設定オプション。以前の期間では、常に年と期間番号を使用して書式設定されていました (例: 2022/009)。 1 年に 12 期間があると仮定して、月名を使用できるようになりました。会計年度開始を指定して、期間 1 を正しい月にマッピングすることもできます。たとえば、英国は 4 月開始なので、2022/001 は 2[...続きを読む]

Version 5.4.24

Query Builder Add – Filter option to return the description when filter on Value Lists instead of the code.  This is helpful when the code is not descriptive enough for the user or when displ[...続きを読む]

Version 5.4.18

Query Builder Add – Lookups are generally by default limited to 1000 rows but this can now be overridden by using the Change row limit checkbox.  Note the Change row limit will only show when[...続きを読む]

Version 5.4.10

Publisher Fix – Improved refresh list performanceAdd – Addition references tags to get Product attributes like Description, Author and Version e.g. {*Product.Description.<productCode>} or {*[...続きを読む]

Version 5.4.6

Site Setup Fix – License Check did not work on Remote Connections Studio Add – Schema – Import Value Lists Security Roles Fix – When Creating new Security Roles the initial field detai[...続きを読む]

Version 5.4.2

Form Designer Add - Data Type Encrypt Publisher Add – Security – Report menu with generates a report with all the security details of each published report.   This includes what us[...続きを読む]

Version 5.3.90

Studio Options - New label customisations to get details about API attributes Import EDMX – Improved data type detection and support for BaseType inheritanceNew Field Property, Sync - Creat[...続きを読む]

Version 5.3.74

Web Channel• Fix – Form Entry was limited to 2000 fields. This limit has been raised to what the field count is in the driving Writeback table. It is possible to use Form Designer with arrays to gene[...続きを読む]

Version 5.3.60

Form Designer• Add – More Lookup options to set mandatory filters and default values. Studio• Add – General purpose Field Tag to store meta which can be accessed in C# or JavaScript. Useful for wr[...続きを読む]

Version 5.3.56

Security Roles Fix – Op in filter-based Security Roles did not apply restrictions to lookups.  Now lookups respect the filter setting.  Note when defining filter sub-query lookups, you w[...続きを読む]